• Admin

宇都宮市長から緊急事態宣言が発出されました。

更新日:3月1日

1月6日(水)宇都宮市長から新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発出されました。

早期収束に向けて、「オール宇都宮」で感染拡大防止に取り組みましょう!!

以下、宇都宮市HPから


追加記事:2月5日(金)宇都宮市が新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を延長しました。(2月21日まで)



宇都宮市における新型コロナウイルス感染症の拡大状況等を鑑み、その拡大を防止するため、宇都宮市独自の緊急事態宣言を発出する。


概要

本市においては、メディアやホームページ、広報紙などあらゆる手段を用いて、市民や事業者に対する感染防止対策の徹底を呼び掛けているほか、医療機関と連携したPCR検査体制の充実による感染者の早期把握など、感染拡大防止に全力を尽くしてきたところであるが、年末から複数のクラスターが発生し、連日30人以上の感染者が発生している状況にあり、1月6日は過去最多の77人の感染が確認された。感染経路はその約半数が不明であるが、大人数でのアルコールを伴う会食で感染し、感染者の家族間で感染が広がるという傾向が見られ、また、医療のひっ迫についても、大変厳しい状況にある。 この危機的状況を乗り越えるためには、市民一人一人の理解と協力が不可欠であり、市民の皆様、医療関係者、事業者、行政等が一丸となり、「オール宇都宮」で感染拡大防止に取り組むことにより、市民の生命・健康を守るため、緊急事態宣言を発出し、皆様に協力を強くお願いしたい。


対象区域

宇都宮市全域


対象期間

令和3年1月6日(水曜日)~1月31日(日曜日)


要請内容

(1)市民に対する協力要請

  • マスクの着用、換気、3密の回避や手洗いなど基本的な感染防止対策を徹底すること。

  • 不要不急の外出を自粛すること(1都3県への往来、夜間(20時以降)の外出の自粛)。

  • 大人数や長時間の飲食・飲酒、マスクなしでの会話を避けること。

  • 体調が悪い場合には、仕事は休むこと、休ませること。

(2)事業者に対する協力要請

令和3年1月6日 宇都宮市「新型コロナウイルス感染症」危機対策本部長 宇都宮市長 佐藤 栄一